”自分のペ◯スは役立たずだと思っていた”

JAEIアマナ性共育協会認定アマナティーチャー
助産師Akiちゃんのブログ記事を紹介します☆

↓↓↓
「自分のぺ◯スは役立たずだと思っていた」
この記事、実はすごい反響がありました。

この男性との体験を通して
わたしは
女性から男性への前戯って
とっても大切だなぁと感じたのです。

セッ クスって男性主体で
女性は受け身になるものって
AVやいろんなところから
そういった思い込みが
どんどん先走っている感じがあります。
でも、よく考えて。
それって女性がやり方がわからんだけで
本当は方法がわかったら
男性を喜ばせる愉しみも
知りたい人って多いと感じたのです。
実際に、お話会や講座をしていて
参加者の方より
「男性が喜ぶタッチとかわからないから、知りたい」
「ぺ◯スとかどうやって触ったら本当に気持ちいいの」
というご質問がとても多いです。
それって
男性のためだけにあるものって
思ってる女性!
それちゃうんです。(違うんです)
男性に嫌われるのが怖いから・・
こうしないと、わたしは愛されない・・・
そんな思い込みを助けるための
小手先だけのテクニック講座じゃないです!
そこでね、本気で真剣に
考えたんです。

パートナーシップがより深く繋がる体験を
共有しあうのが、セ ックス。
お互いがお互いの気持ちいいところを
無限に探索しあうことが
人生を共に歩む人の喜びだったり
長く関係が続く秘訣だったりします。
そこでわたしが伝えたい!と思ったのはラブシェイク。

ラブシェイクとは・・・
心身共に深いリラックスとオーガズムを得た男性はパートナーに対する感謝が湧き上がり、深い信頼と結びつきを持つ。
感謝を核にした関係性は安定した安全基地を作り、お互いの自己実現を促進し、あらゆる豊かな循環が起こる。
すなわちラブシェイクとは
手から始まる最強開運ツールである。

(全文はブログ記事にて!)

”自分のペ◯スは役立たずだと思っていた”

 

関連記事

MENU

PAGE TOP